仮想通貨取引

5月度暗号通貨まとめとメモリーチェーンの件

今晩は。saimuです。

 

バイナリーオプションで1日75万なんてものじゃない、1日で100万単位で負けたこともあります。

 

さて、今回は現在の暗号通貨運用の5月度資産状況まとめをしていきたいと思います。

 

とはいっても最初に投資したのも数日前なのでまとめというほどのこともないんですけど。

 

6月まとめのときには、どれかの通貨が10倍に跳ね上がっていることを期待して、まとめていきたいと思います。

 

 

5月度仮想通貨(BTC,MONA,XEM,Ripple)

 

今月の仮想通貨ですが、まずはZaifの残高から見ていきましょう。

zaifでの仮想通貨運用に興味のある方はこちらから無料登録してみませんか?

Zaif(ザイフ)の口座開設方法を徹底解説!仮想通貨取引への扉を開けよう!

6万JPY投資した結果ですが・・・・

約4万4千JPYと、かなり下げてしまっています。まあ、今後に期待ですね。

 

軸になっていた、BTCが下げまくったのが痛いですね~。とはいっても他の通貨も下がってるので。

 

東京JPY発行所(GateHubWallet)の残高

 

こちらは5万投資。

こちらも下がってしまっています・・・。

約4万2千JPYですね。

 

とはいっても、どちらも所詮はパチンコのあぶくぜになのでガチホールドで問題ありません(笑)

 

気になる、メモリーチェーン。

 

メモリーチェーンというのが、Twitter界隈にて話題に上っています。

とはいっても仮想通貨についてのツイートしている人たちの間で、ですけど。

 

私はまだ購入はできていないんですけど気になって購入の準備だけはしています。

 

このメモリーチェーン、仮想通貨の擬人化をしたイラストなどさまざまなデータを専用の仮想通貨で取引するもの。

価格はそれぞれのカードが欲しい人と持ち主が決めます。

 

まあ、オークションのようなものですけど、なんせ基準というものがないので青天井でもあり、価値ゼロでもある。

 

しかし、これは仮想通貨に限らず、「通貨」というものそのものの本質でもあります。

 

なぜならば、「ドル紙幣」や「日本円」そのものには価値がほとんどないから。

 

日本円が価値を持つのは、本当に価値を担保している、交換できる「もの」があるから。たとえば、日本の食品であったり車であったりするわけです。

 

価値というものはモノが持っているもので、それと交換できるからお金にも価値があるんです。

 

ということは、仮想通貨と呼ばれるものでも実際のモノと交換さえできれば価値が担保されるということ。

 

まあ、日本円やドルといったものはその価値を「国」が保障しているので厳密には同じではありませんけど。

 

でも、国単位の人数の人が価値を見出せばそれはもはや国の通貨と同レベルのものではないか?とも思うわけです。

 

前置きが長くなりましたが、メモリーチェーンとは仮想通貨の代わりにイラストなどに価値を移すようなもの。

 

結構美麗なイラストもあるので、気にはなっているんですが・・・。

 

先立つものがないと購入できませんからね。

 

しばらくは我慢です。

 

来月からも、仮想通貨のウォッチを続けていきます。